FC2ブログ

たわいない話ですが ( ^^) _旦~~

ブログ作成に挑戦。 ニックネームを「ガーベラ」とつけたが、誰かに先に使われていた。 機械的に「ガーベラ2」にしたが、出だしからこんな調子でいいのだろうか?   -2007年9月12日(水)-

福寿草

「暑さ寒さも彼岸まで」……彼岸に入り、陽気が変わったように感じます。

近くの小山に福寿草が顔を出していたので持ち帰り、庭の畑に植えました。  

2008-03-18fukujyusou3.jpg
 


2008-03-18fukujyusou2.jpg

 

2008-03-18fukujyusou.jpg

花言葉 ***...永久の幸福、思い出、幸福を招く、祝福...***

 福寿草という和名は新春を祝うという意味もあるようです。

 

路面はまったく雪が無くなっているのにもう一回ぐらい「春のドカ雪」がきそうで、
まだタイヤ交換を躊躇しています。あなたはいかがですか? 

 

スポンサーサイト

PageTop

野鳥;ツグミ

窓の外には淡雪が花吹雪のように舞っていて…、
「やっぱり春はそう簡単には来ないなあ!」と外の景色をぼんやり見ていたら、

庭の畑(?)に1羽の野鳥を見つけました。
大きな体でちょっと年老いているようですが、多分、ツグミだと思います。


誰(家の者しかいない?! )かがリンゴの皮を畑のこやしにと捨てていたのですね。

バナナの皮もジヤガイモの皮もありました。 

お腹がすいていたのでしょうね。食べ物が見つかってよかったですね。

 

そこで、新しいリンゴの四半分をあげることにして、近づくと逃げるかも知れないので、

ブロック塀の上にのせたところ、即見つけて、すぐに庭の畑から飛び上がりました。

食べ始めて間もなく道路側にそのリンゴを落としてしまい、「どうするのかなあ?」と

見ていると、道路には下りず、また庭の畑に戻って、リンゴの皮についている実を

食べ続けています。

だいぶ時間も経ったので、きっと近づいても逃げないと思い、リンゴを庭木の枝に

刺してあげると、飛んできて食べていました。

遅い朝食をとってお腹がいっぱいになったツグミは、いつの間にか

いなくなっていました。(^.^)/~~~ 

 

◎ツグミは10月ごろ、シベリアから大群で渡ってくる冬鳥の代表。

 日本へ着くと群れを解いて、田畑や低い山の林に散らばって生息、

 3月なかばごろになると再び群れて北へ帰るようです。

 古くは鳥馬と呼ばれたようですが、これは、地面をはねるようにとんで

 エサを取る格好からのネーミングのようです。

 

2008-03-05(s)tugumi2.jpg


2008-03-05(s)tugumi3.jpg

 

(淡雪が乱舞する中で)

2008-03-05(s)tugumi.jpg 

 

PageTop

ハコベ

日曜日からの暖かい陽気で庭の所々に黒い土が見えてきています。
そこには、雪の下になっていても、ハコベがしっかり生きていました。
オオイヌノフグリも生きていました。

毎年、この生命力の強さと春の訪れに感激する私ですが、

あなたは、いかがですか?


2008-03-04(s)hakobe2.jpg

 

2008-03-04(s)hakobe.jpg


PageTop

ひなまつり

母の介護保険の認定申請の書類を持って、入院先に車を走らせました。
前方には、有珠山、昭和新山、そして、その横に真っ白く雪化粧している
羊蹄山が見えました。
また、春霞の中、対岸には雪が消えた駒ケ岳も見えました。
いやぁ~!風光明媚 (^^♪

今日は“ひなまつり”
病院の各階ごとに工夫された「ひなかざり」が飾られていました。

 

2008-03-03(s)hinamaturi.jpg   2008-03-03(s)hinamaturi2.jpg   2008-03-03(s)hinamaturi3.jpg    

                                 画像をクリックすると拡大表示します。

PageTop