FC2ブログ

たわいない話ですが ( ^^) _旦~~

ブログ作成に挑戦。 ニックネームを「ガーベラ」とつけたが、誰かに先に使われていた。 機械的に「ガーベラ2」にしたが、出だしからこんな調子でいいのだろうか?   -2007年9月12日(水)-

EPSONプリンター講習会

今日は「EPSONプリンター講習会」に出席しました。

最高気温18度の涼しい日となりましたが、これから熱く長い話を書きます

ので、おつきあい下さいませ。

 

東京から「EPSON」のお二人が見えて、講習会は、

記憶色=記憶に残っている印象の色、

期待色=こうあってほしいと思う色、仕上げに目指す色
という話から始まりました。     
それから「染料」「顔料」の仕組みと違いの話へと進み、

このところは詳しく知りたかった私なので聞き耳をたてました。


染料=布を染める有機物が成分由来(染物、食紅等、藍、エンジ)
・インク粒子の色材を分子レベルに分解して溶剤に溶かし込んでいる
 (色の付いた液体そのもの)
 →紙(インク受容層)に「染みこんで」発色(染める)

・透明色材なので、下の色が透ける

 →色を重ねて濃くできる、混色が可能

・褪色問題?

 →今はそんなに問題はありません(今の「つよインク」は強いですよ)

・色が落ち着くのに時間がかかる(モニタと合わせるのには向かない)

 →繊維内に染料色材が固着するまで時間が掛かる

  30分くらい経つと色が安定してくる(24時間後、乾燥)


顔料=岩を砕いた無機物が由来(壁画、油絵、日本画、朱、ラピスラズリ)
・インク粒子の色材がコロイド状に溶剤の中で分散している
 →紙(受容層)の表層部に「付着して」発色(乗る)

・不透明色材なので下の色は透けない

 →コントラストが高くできる、エッジがはっきりしている

・インクは分子レベルではなく無機質系なので圧倒的に褪色に強い
 →光、水、ガラスに強いため長期保存が可能

  ( データから75~200年は褪色しない )

※・高濃度、高彩度の発色に最適

  ・ほぼ瞬時に色が安定する(モニタ合わせに最適)

  ・紙の自由度が高い

次に一般的なインクジェット用紙の「CRISPIA」を例として、純正とは、

の説明がありました。
純正には用紙の裏側のバックコート層に紙送りの摩擦係数が

プログラムに入っているので、そこが違うそうです。

これらの話を聞いて私はよかったですが、あなたはいかがでしたか?

それから、実際に見ている顔と写真で見る顔が違って見えるのは、
写真の方が2%くらい、頬が広がるからだそうです。
そこで美白・小顔に設定できるプリンターも出ているそうです。(^^)/

2008-07-30(s)epsonkousyukai.jpg  2008-07-30(s)epsonkousyukai2.jpg  画像をクリックすると拡大表示します。

 

スポンサーサイト

PageTop

コスモス&万年青(3)

夜中の集中豪雨と雷は凄まじかったです。
どこかで2回ぐらい落雷したのでは?

外にある鉢のコスモスが蕾を持っていたので気になりました。
可憐に一輪咲いていました。
今年初めて咲いたコスモスの花です。

2008-07-23(s)kosumosu.jpg



2008-07-23(s)kosumosu2.jpg

 

あの万年青の花はどうなっているの? …亜麻色ですよ!!

色の変化を左メニューより「カテゴリー;植物」で見てほしいなぁ (゜-゜)

 

2008-07-23(s)omoto2.jpg



2008-07-23(s)omoto.jpg

PageTop

CMを作ろう!(1)

暑い中、室蘭青少年科学館でむろらんIT勉強会(←クリック)に出席。
テーマは「地域のCMを作ろう!」、 教室は自然の風がたより、

そんな中でのCM作りでした。

講師は桐生情報ネットワーク(←クリック)理事長の塩崎泰雄氏。
「子どもから参加できる場をパソコンから情報を提供することから始める。
それが小さなことからの始まりであっても継続する事で他との繋がりを

持ち、地域の活性化に繋がるので、まず何をするかという動機が大切。

落ち込むようなことがあっても動機が楽しくしてくれるものです」

という熱意ある講義に納得でした。


私が所属したグループのCM作りの動機は、
“登別温泉は観光の通過点となっているので、いい所が一杯あるから、

ゆっくり足を泊めて見てください!”です。

 

タイトル:       ~開湯150年~
          登別温泉へ来たらいいベサ ! !

 

実は、この勉強会のテーマは、他力本願で参加の私でしたが 、

グループで企画しているうちに完成が楽しみになってきました。(^^♪

2008-07-19(s)muroranitbenkyoukai.jpg  2008-07-19(s)muroranit2.jpg  2008-07-19(s)muroranit6.jpg   

 

2008-07-19(s)muroranit4.jpg  2008-07-19(s)muroranit.jpg   画像をクリックすると拡大表示します。

 

PageTop

報道カメラマン?!

午後から母の入院先の伊達市へ出掛けました。
北海道洞爺湖サミット(主要国首脳会議)最終日の今日は、
高速/室蘭インターチェンジ付近はどうなっているのか?
興味を持って車を走らせました。

入口付近にパトカー1台と警察官が目に入った以外はいつもと同じ。
でもほんの少し先で武装した警察官一人を発見した時は、無意識に
ブレーキペダルを踏んでいました。

帰路(午後4時頃)、国道37号線でパトカー数台と出合いました。
前方で右折するパトカーの両ドアの北海道警察の文字の下に、

大きく「POLICE」と書かれているのに気がつきました。

それで次に出合ったパトカーを注視、対向車線だったのではっきり

しなかったですが、北海道警察の文字の下は「POLICE」ではなく、

何かマークのようなものが書かれていました。(?_?)


国道37号線をさらに走って行くと、
電光掲示板に「登別室蘭ー豊浦 通行止」の表示。
これから向かう室蘭インターチェンジ周辺の変化を期待して、
デジカメも持ってきているし準備OK!

今日のブログはこれを発信、と報道カメラマン気分。(^^)/

期待通り、道路の両側に武装警察官が増えていました。
高速への入口へ繋がる道路は、ほぼ道幅一杯バリケード。
パトカー数台とその側に警察官。

写真を撮るのに車をどこで止めようか、と躊躇まではしたのですが、
その後が続かなかったです。 (>_<)
警察官をジーッと見ながらそのまま通過…、報道カメラマン失格。 

そんな次第でしたが、伊達市の個人宅(農家)の花壇を撮りました

のでご覧下さい。 昭和62年から賞を受けているようです。

(昭和62年; 私は神奈川県川崎市に住んでいました) 

 

2008-07-09(s)datesikadan.jpg

 

PageTop

空気がおいしい!

今朝、母の用事で、急きょ転院前の北湯沢温泉病院に車を走らせました。

帰宅途中、山の空気を吸いたくて車を止めて降りました。

空気はおいしかったです。そして、道端の“赤つめ草”も元気でした。

 

2008-07-05(s)syouen2.jpg
 

また、牛が放牧されているところがありました。

近づくと、気配を感じた牛が顔を私の方に向けます。

しばらくジーッと私を見ています。

関心を持たれたということが何故か嬉しくなり、

帰り際につい「バイバイ!」と手を大きく振ってしまいました。

 

2008-07-05(s)syouen.jpg


車に戻った私は、最近やってみたかったことで、走りながらシャッターを

きってみることに挑戦してみました。

結果は写真を縮小すると、スピード感より前方が単にピンボケ状態。(>_<)

この時の車のスピードが想像つきますか?

これからいろいろやってみようかな!おもしろそう。


2008-07-05(s)soubetu.jpg

PageTop